otagai-salonの記事一覧( 2 )

スタッフの意見は貴重
ウイルス騒動でいろいろな分断がおきています 必要じゃないものは手放し 本当に必要な繋がり、絆を創ることが大切な感じがしています 私はいつもおたがいサロンの船の舵をどちらに向けようか迷います 様々な人に意見を聞き、たくさん...
大雪はつらい
昨夜から低気圧で雪が降り続きました 暖かいので湿った雪でずっしりと重たい 朝の道路は除雪が行き届かず車の運転がとても危ない 職員が通勤するのも危険な感じでした これで利用者さんを安全に送迎する保証はできず 仕方なく休業に...
いつもと変わらず
世間がウイルス騒ぎでドヨドヨしていますが お年寄りはおたがいサロンをお休みする人、変わり無く来ている人、少しリズムが変化しています。 子供たちも、学校がお休みなので、朝からサロンに来る子、お休みになる子、家庭の事情で変化...
影の経営者
私の大親友 ゆうこさん 3月で98歳になります 出逢ってから10年ほど、毎日のように一緒に過ごしました ゆうこさんはみんなから愛されています それはゆうこさんがみんなを愛するから いつも人に励ましの言葉をかけます 感謝の...
強みを活かす組織
年度末、職員一人ひとりと面談 会社の不平、不満の声は何一つ無く 自分がこれからどうしていきたいか 希望や目標を話してくれました 皆が前向きで向上心を持っていることに驚き 私のほうが勇気をもらったくらいです おたがいを責め...
3月の認知症カフェはすべて休業
おたがいサロンの喫茶店(認知症カフェ)は毎週月曜日の営業をしています そして月に1度は地域の皆様に向けたイベントを開催しています しかし、コロナウイルスの流行により室蘭市役所から3月はすべて休業の指示がありました 毎週楽...
恐怖の冒険物語②〜挑戦できる理由〜
起業にかかわらず、一人で何かに挑戦することは不安 不安を小脇にかかえてまず一歩踏み出すことが難しい 変わることより変わらないことを選ぶ方が安心 その気持は十分わかる〜 何が起こるかわからない未知の世界 自分が耐えられるの...
恐怖の冒険物語
「看護学校の教員を辞めてまでどうして自分で事業を始めたのですか?」 よく聞かれます 10年以上前のこと 理由はいろいろと複雑で 最終的に行き着く単純な理由は「やりたいから」 「誰か資金を提供してくれたのですか?」 「誰か...
思いと言葉
浮かんだ思いは すぐに忘れてしまうから 誰かに伝えたくても 誰もいないことに気づくと とても寂しくなる   浮かんだ思いを 伝えたくて 言葉にしようとしても 言葉では表現できなくて 心に留まったままになる   浮かんだ思...
畏敬の念
看護師としてたくさんの患者さん、家族と出逢いました 病を抱えながらも家族を思いやる優しさを忘れない人に出会いました 家族が感謝をしあいながら息を引き取られる別れの瞬間に立ち会うこともありました 過去の時間に思いを馳せると...
垣根を超えて
おたがいサロン管理者研修のような他事業所見学ツアー第3段 ご近所で仲良くしている「放課後等デイサービスほたて」さん 伊達市にある「放課後等デイサービスほみぃくらぶ」さん 児童の専門的な療育について詳しく教えて下さいました...
涙誘う歌
2月17日(月)のイベント MAIL-HEARTのウインターフォークコンサートでした 13時30分〜1時間以上のコンサート 歌を聞きながら感動で涙ぐむ人も 途中のけん玉マジックショーではちびっこたちが大盛りあがり 曲目 ...
ババカレイの煮付け
デイサービスのランチにFood Bar Otokita のマスター登場 前日から仕込みをして当日盛り付けに来てくれました 「外食できなくてもここで美味しいものが食べられるなら嬉しい」 「一人だと魚の煮付けはつくらないから...